甘酒とは

甘酒とは

甘酒には、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸ようさん、食物繊維、オリゴ糖や、各種アミノ酸、そして大量のブドウ糖が含まれ、栄養剤としての点滴てんてきとほぼ同じ内容であり、 体力回復に効果的ないわば「夏の栄養ドリンク」として、江戸時代には夏の風物詩であったと言われています。

お正月やひな祭りなどで馴染なじみのある人も多いのではないでしょうか?

甘酒には大きく分けて二種類ありまして、
米麹こめこうじで作られているのか、酒粕さけかすで作られているかによって 風味 飲み心地の違い そして
米麹はノンアルコール酒粕にはアルコール分を含むという大きな違いもあるわけですね。

米麹を使って製造された、濃縮甘酒

参道商店のあまざけは米麹を使用したノンアルコールです。

私ども参道商店謹製きんせいの甘酒では米麹を使用しており、
お車でお参りの方お子様にも
安心して飲んでいただけるノンアルコールの甘酒を製造しております。


炊き立てのご飯と麹を混ぜ合わせて製造した、こだわりの甘酒

通常は かゆの状態でこうじ と混ぜ合わすところですが、当店では炊きたてのご飯を麹と混ぜ合わせており、職人の手作業で全体を感じながら、 均一きんいつにお米をつぶ さぬように白米と米麹をほぐし合わせ、最適な温度に管理された たる の中で 熟成発酵じゅくせいはっこうすることによって、濃縮のうしゅくされた甘酒が出来上がる。という特徴もございます。


伏見稲荷参道商店のあまざけ

自慢のあまざけをぜひご賞味ください。

こちらのフォームからご注文いただけます。

あまざけのご注文



スクロールしてください
ページ上部へ戻る